受任通知を送付するとすぐに取り立て(督促)が止まる

受任通知を送付するとすぐに取り立て(督促)が止まる

受任通知を送付するとすぐに取り立て(督促)が止まる

任意整理にかぎらず、債務整理を弁護士や司法書士に依頼するとすぐに取り立て(督促)が止まります。

 

弁護士や司法書士に任意整理を依頼し、弁護士や司法書士が借入先に受任通知を送ると、基本的には借入先からの連絡はきません。
代わりに、弁護士や司法書士が窓口になり、任意整理の交渉に入ります。

 

また、弁護士や司法書士が借入先に受任通知を送ると、返済もストップします。
一時的にですが、返済をしなくてよいわけです。

 

その間に、生活を少しでも立て直しておくことが大切です。
また、余裕があれば、任意整理にかかる費用を貯めておきましょう。

 

 

 

任意整理を司法書士に依頼して受任通知を送付するとすぐに取り立て(督促)が止まる

借金の返済に困っているときは、督促だけで精神的なプレッシャーになります。
そのため、さらに追い詰められることになり、返済の計画を立てることはできません。
しかし、任意整理の依頼を司法書士にすれば、すぐに督促を止めることができます。
厳しい督促が瞬時に止まる理由は、司法書士が債権者に対して、受任通知を送付するからです。
司法書士は依頼を受けると、まず任意整理の依頼を受けたと債権者に通知をします。
この時点で債務者との連絡は司法書士が窓口となり、債権者からの連絡は一切なくなります。
ですから、返済の督促は止まり、さらには返済義務も一時停止することができるのです。
借金の返済で困り毎月督促状が送られてくるようになったら、まずは司法書士に任意整理の相談をしましょう。
相談をして依頼をした時点で、督促は止まり返済を止めることも可能です。
精神的なプレッシャーから解放されますし、司法書士が債権者と任意整理の交渉をして借金の総額を減額できれば、生活を立て直す道筋も見えてきます。
督促に追われている状態から、一人で抜け出すことは簡単ではありません。
確実に抜け出し生活を立て直すためにも、司法書士にまずは任意整理の相談をしてみましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ