任意整理の依頼は弁護士と司法書士

任意整理の依頼は弁護士と司法書士

任意整理の依頼は弁護士と司法書士のどちら?

一般的に、任意整理をする場合は、弁護士か司法書士に依頼します。

 

弁護士……法律事務所
司法書士……法務事務所

 

では、どちらがいいのでしょうか?

 

答はどちらでもかまいません。

 

ただし、140万円を超える借入先がある場合は弁護士にしましょう。

 

なぜなら、司法書士は140万円以下の案件しか扱うことが出来ないからです。

 

なので、たとえば、

 

プロミスから150万円借りている
アコムに借金が140万円残っている

 

というような場合、任意整理は弁護士に依頼しましょう。

 

ユウジがオススメする司法書士 ⇒ はたの法務事務所

※任意整理の費用が安いです
※まずは電話による無料相談をうけてみてください

 

ユウジのオススメする弁護士 ⇒ 街角法律相談所

※法律事務所の無料相談があります

 

 

借金問題で苦しんでいるなら、弁護士や司法書士に相談をして任意整理

任意整理をすると、借金の返済が楽になります。
そのため、借金問題を解決するためには、最適な手段の一つです。
任意整理の手続き自体は、個人でもできます。
しかし、法律の知識がない個人が一人で手続きをするのは、とても面倒で大変な作業です。
また、債権者と交渉をして債務を減額するので、経験も必要になってきます。
借金問題を解決するために任意整理をするなら、専門家である弁護士や司法書士に依頼するのが一番です。
弁護士や司法書士に任意整理を依頼する方法は、それぞれの事務所に相談をすれば誰でもできます。
最近の弁護士事務所や司法書士事務所では、借金問題に関する無料相談を行なっています。
初回は相談料無料で話を聞いてもらうことができるので、料金の心配をせずに気軽に利用できるでしょう。
無料相談を利用して任意整理を依頼すれば、弁護士や司法書士が手続きを開始してくれます。
引き直し計算をして過払い金請求をしたり、将来利息のカット、借金の減額を債務者と交渉してくれるのです。
裁判所を通さずに任意整理は手続ができるので、短期間で借金を減らすことができます。
借金問題で苦しんでいるなら、弁護士や司法書士に相談をして任意整理をしましょう。

 

 

司法書士の場合、140万円以下の借金でないと任意整理ができません

任意整理は個人で交渉をすることも可能ですが、失敗をしてしまう可能性も高いので、弁護士か司法書士に任せるのが良いです。
金融機関によっては、個人で交渉をしてもあっさりと和解できてしまうこともあります。一番良いのは、「遅延損害金と将来利息をすべてカットして、3年程度で元本のみを返済していく」という契約を結ぶことです。しかし、個人で交渉をすると、分割払いの回数を増やすことには応じるが、利息はいっさいカットしないという対応をとられてしまうこともあります。
弁護士や司法書士に依頼をすると、高い確率で遅延損害金と将来利息を全額カットしてもらえます。また、原則として3年で返済をしていきますが、5年以上の長期の返済期間を設定することも可能となります。
司法書士の場合、140万円以下の借金でないと任意整理ができません。よく誤解されていますが、借金の総額が140万円なのではなく、個別の借金が140万円以下であれば可能です。例えば、3社から100万円ずつの合計300万円を借りているケースでも、認定を受けた司法書士ならば任意整理ができます。
いずれにしても、早い段階で債務整理に強い弁護士か司法書士に相談をしてみましょう。早く解決をするほど負担が減らせます。

ホーム RSS購読 サイトマップ