借金返済のためにアルバイト

借金返済のために睡眠時間を削ってアルバイト

借金返済のために睡眠時間を削ってアルバイト

借金返済のためにアルバイト

借金返済のために睡眠時間を削ってアルバイトをしている。

 

よく聞く話です。
テレビのドラマとかでもありますよね。
また、「ザ・ノンフィクション」というテレビ番組でも、このような話がいくつかありました。

 

この記事を読んでいる方のなかにもいるかもしれません。
また、これからアルバイトを始めようとしている方もいるかもしれません。

 

私も借金返済のためにアルバイトしていました。
しかし、それは任意整理後です。勿論、睡眠時間を削ってというわけではありません。本業があるので、夕方から4時間です。

 

私の考えですが、睡眠時間を削ってアルバイトするくらいなら、任意整理をするべきです。
無理してまで、金利を払う必要はないでしょう。

 

勿論、睡眠時間を削ってバイトする、しないの決断は本人がするべきですが。
本人が、それでいい、というのであれば、他人がとやかくいう必要はないのですが。

 

 

アルバイトの前に債務整理で金利をカット

まずは債務整理をするべきです。
そして、借金を減らす、または金利をなくす。
アルバイトでがんばるのは、その後です。
消費者金融などで借りている場合、年利は14〜18%でしょう。
100万円借りていたら、金利は1年間で14〜18万円。
200万円借りていたら、金利は1年間で28〜36万円にもなってしまいます。
毎月の返済のうち、数万円は金利分を払っていることになります。
通常ならこれでもいいと思いますが、返済が苦しい状況でこれだけの金利を払っていくのは大変です。
だから、まずは債務整理をするべきです。任意整理ならこの金利をなくすことができます。

 

「オレはブラックリストに載るのがいやだ。だから債務整理をしたくない。睡眠時間を減らしてでもアルバイトを増やしてがんばる」
そう思って、返済を続けている方もいることでしょう。
たしかに、債務整理をするとブラックリストに載るというデメリットがあります。
それで払っていけるのならいいのですが、返済が滞れば、結局、ブラックリストに載ってしまいます。

 

金利分がなくなるだけでも、返済はかなりらくになります。単純に考え、毎月の返済分が数万円も減るわけですから。
また、任意整理なら返済期間を5年に延ばすことも可能です(※債権者との交渉しだいですが)。5年に延ばすことができれば、毎月の返済額はさらに減ります。

ホーム RSS購読 サイトマップ