任意整理の費用が安い法務事務所はどこ?

任意整理の費用が安い法務事務所

任意整理の費用についてまとめました

任意整理での借金整理を司法書士や弁護士に依頼した場合、着手金や報酬金がかかります。

 

ほとんどの事務所では、債権者(消費者金融やカード会社)1件あたりいくらというように金額が決まっています。

 

当然、費用が安い事務所を選んだほうがいいでしょう。

 

「すぐにでも任意整理をしたいけど、お金を用意できない」という方も多いことでしょう。
借金の返済が困難になっているわけですから、司法書士や弁護士に支払うお金がないのも当然です。
そのことは、司法書士や弁護士もわかっています。
なので、費用は後払いや分割払いにしてもらえる事務所がけっこうあります。
そういった事務所に依頼しましょう。

 

任意整理の費用が安いのはこちら ⇒ はたの法務事務所

 

任意整理にかかる費用

任意整理での借金整理を司法書士や弁護士に依頼した場合、どのような費用がかかるのか、簡単にまとめておきます。

  • 相談料
  • 着手金
  • 報酬金
  • 減額報酬
  • 印紙代
  • 通信費
  • その他手数料
  • 出張費

 

相談料

最初にかかる費用です。
司法書士や弁護士に借金問題(債務整理の件)を相談したときにかかります。
弁護士の場合、30分5000円が相場です。
「お金がなくて困っているので、相談料を払うのはきつい」
債務整理の件で相談される方のほとんどは、相談料を払うのさえきついでしょう。私もそうでした。
そのあたりは、司法書士や弁護士もわかっているようです。
債務整理に力を入れている司法書士事務所(法務事務所)や弁護士事務所(法律事務所)の多くは、相談料を無料にしています。私が相談した事務所も無料でした。
なので、相談料が無料の事務所で相談しましょう。

 

着手金

着手金とは、その名のとおり、依頼した案件に着手してもらうときにかかる費用です。
依頼した案件がうまくいっても(成功しても)、うまくいかなくても(失敗しても)かかります。
任意整理の場合、着手金の相場は債権者1件あたり2〜5万円といったところでしょうか。
これも、用意するのはきついですよね。
着手金については、後払い・分割払いで受任してくれる事務所がけっこうあります。そういった事務所に依頼すれば、手持ちのお金がなくても、任意整理を進めることができます。
また、着手金が無料の事務所もあります。
私が依頼した事務所も着手金無料でした。
はたの法務事務所は着手金が無料です。
相談料も無料なので、任意整理で借金を整理したい方は相談してみてください。

 

 

任意整理の費用は後払いにできる

お金に困っており、返済が滞っていたり、苦しい人が行うのが債務整理となり、その一部が任意整理です。よって費用の問題は必ずついてきます。そんなときに安心して相談をすることができるのが、後払い制度になります。これは法律事務所によって異なりますが、後払い制度を行っているケースであれば、計画をしっかり立ててお金を支払うことができますので、大変便利になるでしょう。もちろんしっかり返済をしなければなりませんので、念入りの事務所側と計画を立てて無理のないようにしなければなりません。
この計画に関してもやはり法律事務所の方が長けていますので、任せると良いでしょう。もちろん早めに返した方が利用者のためにもなりますが、肝心なことは計画です。支払いに追われてお金が無くなってしまい、また他から借りるようなことがあれば、本末転倒です。特に任意整理を行った後は正規の貸金業者から借り入れができなくなっていることから、どうしても非正規の業者に頼ってしまいます。そんなことが起きてしまうと、意味がありませんので要注意です。任意整理だけではなく、債務整理全般において後払い制度を活用できる事務所もありますので、その点も含めて相談をしましょう。

 

 

任意整理の費用は分割払いにできる

債務の圧縮や弁済条件の変更を目的に任意整理を試みる人は大変多いです。この方法で債務整理をする場合、債務者が望む通りの結果を導くためには弁護士や司法書士の協力が不可欠ですが、彼らに交渉の代理を依頼する際には必ず一定の費用を一括で支払わなければなりません。任意整理では、1債権者あたり数万円という形で料金が決められているため、債権者の数が多くなれば自ずと費用は高くなります。弁護士や司法書士の中には、着手金を無料としていたり、債権者の数が多い場合にいくらか割引をしている所もありますが、それでもまとまったお金を支払う必要があることには変わりありません。
もし、任意整理の費用を一括払いできそうにない場合は、依頼した弁護士および司法書士に相談すれば、費用を分割払いにしてくれます。債務整理の依頼をしに法律事務所等にくる人は、生活に必要なお金を工面することすら困難であることがほとんどであり、弁護士や司法書士もその点を必ず考慮してくれます。分割払いときくと、クレジットカードのように金利手数料がかかるのではないかと考える人は多いですが、弁護士や司法書士に対して支払う費用には利息や手数料が上乗せされることはありません。着手金や成功報酬を支払えるだけのお金がすぐに賄えそうにないのであれば、躊躇せずにその旨を伝えましょう。

 

任意整理の費用が安いのはこちら ⇒ はたの法務事務所

ホーム RSS購読 サイトマップ