任意整理と債務整理の違い

任意整理と債務整理の違い

任意整理と債務整理の違い

任意整理と債務整理の違いがわからない。

 

という方が多いようです。
はじめのうちは混同しがちですよね。

 

弁護士や司法書士との相談前に、違いについてよく理解しておいたほうがいいでしょう。

 

まずは、任意整理のほうから説明しましょう。

 

任意整理とは、裁判所を通さずに債権者(消費者金融やカード会社)と交渉し、借金を整理する手続きのこと。
残っている借金を減額したり、将来的に発生する金利をカットしたり、返済期間を延ばしたりします。

 

一般的には以下の交渉になります。

 

  • 残っている借金を一括で返済……借金の減額で交渉
  • 残っている借金を分割で返済……将来的に発生する金利をカット、返済期間の延長(3〜5年間)で交渉

 

 

次に、債務整理の説明をします。
債務整理は、借金を整理する手続きの「総称」のこと。
任意整理だけでなく、自己破産、個人再生、特定調停の借金整理手続きも含まれます。

 

  • 任意整理……債務整理の一つ
  • 債務整理……任意整理、自己破産、個人再生、特定調停の借金整理手続きのこと

 

つまり、任意整理は、債務整理の一つということです。

 

 

任意整理と債務整理の違い まとめ

債務整理は任意整理、自己破産、個人再生、特定調停の借金整理手続きのこと
任意整理は債務整理の一つ

ホーム RSS購読 サイトマップ